ローフードの種類や食材

ローフードの種類と食材について

ローフードの種類と食材について調べてみました。
3つほど種類があるようです。

 

 

■ローヴィーガニズム
一番人気のローフード食生活の形になります。
発酵食品、ナッツや種子類、豆類、
果物類、野菜全般、スプラウト、海藻類、
発芽小麦などの穀物。
ナッツミルク、ナッツバター、ドライフルーツ、味噌、生醤油、梅酢、
ココアパウダー、バニラエッセンス、メープルシロップ、
イースト菌、オリーブ・オイル、海塩、香辛料、

 

 

これらは有機栽培や天然の食材を選び、そして添加物など加熱殺菌処理された
食品を摂らないことが大事です。 またフルーツのみを食べる、生食材を絞ったジュースだけを
飲むという人もいらっしゃいます。

 

 

 

ローヴィーガン食の実践者においっては、活力の増加、肌の状態の向上、体重の減少や、
体調に関して全体的な改善がみられたようです。
しかし、慎重に食生活を計画しないと、カルシウム、ビタミンD、ビタミンB12、
鉄、亜鉛、タンパク質などが不足しがちになる。

 

 

 

■ローベジタリアニズム
ナッツ、種、穀物、豆、乳製品、卵、果物、野菜、スプラウト、蜂蜜を食べる。

 

 

 

■ローアニマルフード・ダイエット
生で食べることができるものであれば、動物性、植物性を問わずに食べるが、
生の穀物や豆類は消化不良を起こす、毒性といった問題点が挙げられます。

 

放し飼い・自然な飼料によってで育てられた動物の肉、養殖でない魚が望ましい。
ローアニマルフード・ダイエットの実践者では、
俳優メル・ギブソンやユマ・サーマンが有名です。

ローフードの種類や食材関連ページ

ローフードについて
バイタミックス(vitamix TNC5200)を使ってできる健康法、ローフードについて
ローフードの問題点
バイタミックス(vitamix TNC5200)で実践することができる、ローフードという食事健康法の問題点